これまで何度も引っ越しをしてきています

これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。
「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。

ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、陶器が何個か、欠けてしまっていました。それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、かなりショックを受けました。ですが、お金に換えられるものではないし、クレームをつけることはしなかったです。

以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。
私達は家族で今年の春頃に引っ越しを経験しました。

元の家の建て替えをするためにすぐ近くの家に引越しました。

荷物運びなどは友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用はまったくかかりませんでした。

ただ唯一大変だと思ったことは、私がまだ幼かった頃から長年使っていたピアノがかなり重く、運搬に苦労したことです。

引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。中でも特に重要度の高いものとしては運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。
普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類として大変重宝しますので、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。でも、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。

車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。

なので、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば少しは楽でしょう。

引越しをするにいたっては、引越し業者に依頼をする方法が、よくあることだと思います。

その場合に、ジュースなど飲み物の差し入れをすることはありますが、チップといったものは必要ありません。

海外に行くとチップは広く用いられていますが、日本国内だったら、特に気にすることもないでしょう。

1か月ごとに請求される光回線の料金は決まった金額を引かれているため、あまり深く考えることはないかもしれませんが、携帯などの料金と合算すると、毎月軽視できないほどの金額を通信コストとして納めていることになります。

いくつか存在する通信料金プランの中から少しでも安い料金プランで契約を結びたいものです。

おひとり様での引っ越しは本人と家族だけでやった方がコストを抑えることができるし節約できると思うかもしれません。でも、実際は大物を運ぶのも骨が折れますし、すごく時間と手間を必要とするのです。

しからば、引っ越し業者の単身パックを依頼した方が安く済みますし時間も人手もかからないので、お勧めです。ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更届が必要になりますが、そのときナンバープレートも変更になるかと疑問に思うでしょう。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、転入先を管轄する陸運局の問題です。引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならそのまま同じプレートを使って良いのですが、管轄が異なる地域であれば、指示に従ってナンバープレートを変えてください。大きい荷物はもちろん引っ越し業者にお任せするとしても、自分でできるだけ梱包を行っていれば、料金を比較的安く抑えることができます。それに当然、当日、引っ越しに掛かってくる時間そのものも短くできます。テレビのCMなどで全てお任せできることを売りにしている引っ越し業者でも実のところはほかにもいろんなパターンのプランが用意されていますので、自分でその内容を調べてみるほうがよいでしょう。

愚かなことをしてしまいました。
一人暮らしのために、誰も呼ばずに一人で引っ越しを決行したのです。

きっと大丈夫だと予想していたのです。しかし、結果は大事な家具に目立つキズがついてしまったのです。

階段を上る時、擦って傷をつけてしまいました。
とてもへこんでいます。引っ越し作業を業者に任せないで、自分で引っ越し作業をしたいなら荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。
なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、詰め込みやすくするための工夫をします。大きすぎないダンボールを使って荷物を作るようにする、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。
こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。引っ越しは何度も経験してきました。

そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、だいたい、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらいました。
どうしても、引っ越しの準備をしていると体力の消耗もかなりのものですから、引っ越し前日には、夜遅くなってもお風呂で手足を伸ばして温まり、翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。

それに、当日になっても温かいものを飲むと一息つけるからです。私たちが埼玉県から東京に移り住む時、パソコンを荷物に入れて荷造りするか考えました。
私たちには車があったので、主人が細かい荷物や必需品と同じくパソコンものせて新宿まで持っていきました。